東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの最新情報・最新イベント、混雑予想・実績、ショー・パレードの写真、レストランやアトラクション情報など、ディズニーリゾートに関する様々なことを掲載しているディズニーブログです。パークで楽しんでる気持ちをそのまま皆さんにお伝えすることで楽しんでいただけたらなと思います☆ 

この記事に含まれるタグ(キーワード) :
ディズニーシー  アトラクション  レイジングスピリッツ  




東京ディズニーシー レイジングスピリッツで傷病が発生 当面運休

   ↑  2012/06/04 (月)  カテゴリー: パーク運営情報

東京ディズニーシー レイジングスピリッツで傷病が発生 当面運休

※2012年6月4日付けで詳細な事故原因と再発防止策が発表されました。

 詳細な事故原因が発表されたのを受けて、事故発表当初にこちらに記載していた私の意見等は削除致しました。オリエンタルランドのニュースリリースやニュース記事については下記に引用してあります。


オリエンタルランド ニュースリリース

東京ディズニーシー『レイジングスピリッツ』における
事故原因および再発防止策について

 5月28日16時08分頃に発生しました、東京ディズニーシーのアトラクション『レイジングスピリッツ』の事故に関する調査が終了いたしましたので、ご報告申し上げます。
 また、調査終了を受け、今後の再発防止策を策定しましたので、あわせてお知らせいたします。お怪我をされたゲストをはじめ、多くのゲストの皆さまに多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

なお本内容は、本日付で千葉県県土整備部都市整備局建築指導課に報告しております。


1.事故原因
 このたびの事故は、“出発操作後に一時停止した”当該ゲストを乗せた乗り物が、安全バーを上げたまま出発したことにより発生したものです。当該ゲストは、バーが上がったままの状態で乗り物が出発したため危険を感じて乗り物から降りようとし、軌道脇に転落し怪我をされましたが、ゲストの行動のきっかけは、一時停止した乗り物が出発したことにあります。
 この、安全バーが上がった状態のまま動き出した原因は、安全バーの仕組みに関する教育が徹底できていなかったため、状況を誤って認識したことにあります。

『レイジングスピリッツ』の安全バーについて
 『レイジングスピリッツ』は、360°ループするというアトラクションの特性上、東京ディズニーリゾートで唯一、乗り物の出発後は安全バーが上にも下にも動かなくなる状態でロックされる仕組みを取っております。これは乗車中の安全性を高めるための仕組みであり、安全バーを適度な位置で保ちゲストの身体を固定します。
 そのため、『レイジングスピリッツ』の安全バーの機構には以下のような特徴があります。

 【出発操作前に一時停止操作が行われた状態】
  安全バーを下げることができる
 【出発操作後の一時停止状態】
  安全バーを下げることはできない

※今回の事故は、これらの特徴のキャスト教育が徹底しきれていなかったことに起因します。


2.事故の状況
 当該ゲストを含む9名のゲストが乗車していた 2 両編成の乗り物が出発する際、空席となっていた最後尾左側の座席(1席)の安全バーが上がっていることに気付いたキャストが、出発操作の直後に一時停止操作を行いました。

 出発操作と一時停止操作をほぼ同時に行ったため、当該乗り物は出発位置から動くことなく“一時停止状態”となりました。
 乗り物が動かなかったため、乗り場の業務に携わっていたキャストは“出発操作前に一時停止操作が行われた状態”という誤った認識を持ちました。
 ※実際には出発操作の方がわずかに早く行われていたため、乗り物は “出発操作後の一時停止状態”にありました。

 空席の安全バーを下げるために、キャストは解除ペダルを踏み 2 両目の乗り物の安全バーのロックを解除しましたが、乗り物が “出発操作後の一時停止状態” であったため、安全バーは下げることができない状態でした。
ロックが解除されたことに伴い、怪我をされたゲストの安全バーも、完全に上がった状態となりました。
このたびの事故は、このタイミングで生じた“安全バーが下がらない状況”に対し、“安全バーが下がらない状況”=“乗り物は出発操作後の一時停止状態にある”ということを理解していれば防ぐことができました。
 しかしながら、当社の安全バーの仕組みに関する教育が徹底されていなかったため、乗り場の業務に携わっていたキャストは、乗り物が“出発操作後の一時停止状態にある”可能性に気づかないまま、通常行う“出発操作前に一時停止操作が行われた状態”における対応手順を進めたものです。


 乗り物が“出発操作前の一時停止状態”にあるという誤った認識を持ったまま、通常行う出発に向けての手順として「一時停止の解除操作」を行いました。
 実際には、乗り物は“出発操作後の一時停止”状態(一時停止を解除すると動き出す状態)にあったため、当該ゲストの安全バーが上がった状態のまま出発しました。

 安全バーが上がっていたことに危険を感じた当該ゲストは、乗り物から降りようとし、軌道脇に転落し怪我をされました。

 乗り物の出発後、キャストが停止措置を行ったことにより、当該乗り物は出発後の最初のブレーキポイントで安全に停止しました。


3.再発防止策について
 再発防止策として、弊社では今般の事故の原因である安全バーに関する知識不足の解消を中心とした「安全教育」を実施いたします。あわせて、ゲストの安全バーが上がったまま出発することを防止するための手順変更など、「マニュアルの見直し」を行います。

安全教育
 『レイジングスピリッツ』の運営に関わるすべてのキャストに対し、主に“レイジングスピリッツ特有の安全バーのロックや解除などの仕組み”の知識教育や実地教育を通じ、安全バーの仕組みの理解徹底を図るなど、さまざまな状況に適切に対応できる知識、スキルを身につけさせるべく、安全に関わる教育プログラムを改定する。

マニュアルの見直し
 “出発操作の前・後”を問わず、一時停止作動時に安全バーが下げられない座席があった場合は、すべてのゲストに降車いただくことで、バーが下がらないすべての状況においてゲストの安全を確保できるようにするなど、既存マニュアルの変更を行う。


4.このたびの事故を受けて
 今回、このような事態となり、お怪我をされたゲストをはじめ、多くのゲストの皆さまに多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
 弊社といたしましては、確固たる安全性の構築に、全社一丸となって取り組んでまいります。なお、今回の事故に関し、安全を最優先に取り組んできたもののその信頼を損なう事態を招いたことの重大性に鑑み、以下の通り役員の報酬返上を決定しましたのでお知らせいたします。
 代表取締役(会長、社長、副社長) 月額報酬 30%減額(1ヶ月)
 専務・常務取締役 月額報酬 20%減額(1ヶ月)
 取締役・執行役員 月額報酬 10%減額(1 ヶ月)


 弊社では、前述の安全教育やマニュアルの変更を行い、十分な安全性が確認された上で、『レイジングスピリッツ』を再開させることといたします。
 再開日につきましては、確定次第お知らせいたします。

http://www.olc.co.jp/wpmu/wp-content/blogs.dir/2/files/2012/06/20120604_01.pdf

この件に関するニュース記事

ディズニーシーのコースターで男性軽傷

 東京ディズニーシーで、ジェットコースターの安全バーが上がった状態のまま動き出し、乗っていた30代の男性が軽いけがをする事故がありました。

 28日午後4時10分ごろ、千葉県浦安市の東京ディズニーシーで、人気ジェットコースター「レイジング・スピリッツ」の乗客の安全バーが一部ロックされず、従業員が点検している間に何らかの原因でコースターが動き始めました。

 コースターに乗っていた北海道帯広市の会社員の男性(34)が、動き出したコースターから降りようとして右足を擦りむくなど、全治2週間のけがをしました。

 このコースターは、乗客の安全バーを従業員が手で下げ、ロックしたことを確認した上、ボタンを操作することで走り出すということで、警察は詳しい事故の原因を調べています。(28日23:21)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120529-00000000-jnn-soci

ディズニーシー 直前にも緊急停止

 千葉県浦安市の東京ディズニーシーで、28日、セーフティーバーが降りないままジェットコースターが走り出し、乗客が軽いけがをした事故で、この直前にも別の座席のバーが降りないまま出発して緊急停止していたことが分かり、警察は、スタッフがどのように安全確認を行っていたかなどについて調べています。

 28日午後4時すぎ、東京ディズニーシーの「レイジングスピリッツ」というアトラクションで、乗客の34歳の男性の座席にあるセーフティーバーが降りないままジェットコースターが走り出し、危険を感じた男性は乗り場に飛び降りようとした際、右足に軽いけがをしました。
 警察の調べによりますと、ジェットコースターは男性など9人の客が乗っていましたが、この事故の直前に男性の後ろの無人の席のバーが上がったままの状態で出発し、緊急停止していたことが新たに分かりました。その後、スタッフが上がったバーを降ろすためにロックを解除したところ、けがをした男性の座席のバーが上がってしまい、そのまま出発したということです。
 「レイジングスピリッツ」は、スピードを出したジェットコースターが古代遺跡の発掘現場を走る人気のアトラクションで、上下逆さまになる場面もあります。
 2両の車両に12人が乗ることができ、人がいない席も含めたすべての座席のバーが降りていることをスタッフが確認したうえで出発させることになっているということです。
 警察は、スタッフがどのように安全確認を行ったかや、機械に不具合がなかったかどうかを調べています。 東京ディズニーシーは29日も開園していますが、施設を運営するオリエンタルランドは「レイジングスピリッツ」については、当面、運休することにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120529/t10015448611000.html
↑この記事が良いと思ったら拍手ボタンを押してください♪今後の記事作成の参考にします!

2012/06/04 | Comment (22) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【関連するかもしれない記事 (自動表示なので関連しない場合もあります) 】

【キーワード検索 (この記事と同じタグがついた記事を検索) 】
ディズニーシー アトラクション レイジングスピリッツ 


記事URL http://disneycolors.blog7.fc2.com/blog-entry-1250.html



Comment

コメントを投稿する 記事: 東京ディズニーシー レイジングスピリッツで傷病が発生 当面運休


 コメントは管理者による承認後、表示されます。

 宣伝・誹謗・中傷・無関係・不適切だと判断する場合は予告なく削除致します。
 現在はコメントに対する個別の返信は行っておりません。ですが、コメントして頂いた内容に関しては後日別記事中で触れさせて頂きます。よろしければコメントを残していってください!
 なお、混雑予想の質問に関しては2012年12月分まで回答致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

う~ん

もちろん事故はないようにしなければいけないですし、そんなことがあったら報道されるのはしょうがないことなのですけど、どうも納得いかないものがあります。
このパークがどれだけ安全のことを考えているか、どれだけゲストのことを考えているか、そんな前提無しにただ興味本位で報道しているようにしか見えません。
なんだかよく分からないけど、注目されているところで事故があったからニュースにしとけ、というふうに見えてしょうがありません。
これは自分がディズニー側の視点でしか見てないから、このように見えるのでしょうか。
自分にはこれだけの人気アトラクションでもすぐに運休する決断をするこのパークに誇りを持っているのですが・・・。

ニツパパ |  2012/05/29 (火) No.7825


ホントに驚きました!ディズニーの安全対策、危機管理は、かなり徹底されてますもんね。キャストの方の確認ミスなどではなく、機械の誤作動なわけですから、原因をしっかり追究、改善、対策を出してもらうしかないですよね。怪我も幸いと言っていいのかは分かりませんが、大事に至る事なく済んで良かったですよね。その時のキャストの方も、落ち込んだりせず、また素敵な笑顔で頑張って欲しいですね。

ろんぱん |  2012/05/29 (火) No.7828


★ニツパパさんへ★

私はニツパパさんとは違ってもっと厳しく考える必要があると思っています。

そもそもテーマパークのアトラクションは絶対的な安全が保障された上で
スリルや非日常的な体験が出来るところに大きな魅力があるわけで、
いくらパークが安全を考えていようとも、それは当たり前のことであり、
今回はあってはならないことが起こってしまったと思っています。

またその事故自体も、安全バーが下がらないまま発車してしまったということで、
緊急停止装置などはもちろんあるとは思いますが、
数年前の東京ドームシティの死亡事故のように、
最悪な結果にもつながりかねないものだと思っています。

安全バーが下がってないまま発車してしまった原因は不明ですが、
これがシステムに起因するものではなく、ヒューマンエラーだとしたら、
それはレイジングに限らず全アトラクションにも通じる事故原因になります。
そうであればレイジングだけでなく全アトラクションのマニュアルを見直して改善する必要すらあります。

このレイジングを当面運休するのは誇りを持つようなことではなく、むしろ当然のことで、
また、報道についてもそのような興味本位のものではないと私は考えています。

クロロ |  2012/05/29 (火) [ 編集 ] No.7835


★ろんぱんさんへ★

私も今回の事故には本当に驚きました。
たしかにディズニーの安全確認はかなりしっかりされているとは思いますが、
安全バーが下がっていないまま発車するというのは、
数年前の東京ドームシティの死亡事故を思い出しますね。
そういった大事故につながりかねないことなので、
原因はしっかりと調査してほしいです。

クロロ |  2012/05/29 (火) [ 編集 ] No.7838


No title

ビックリ!ディズニーでもこんな事あるんですね((((;゚Д゚))))
事故の事、こちらのブログで知ったんですが正直ショックですね~。大人の男性の方だったから軽傷で済んだけど、もし子供だったら。。。と考えるとゾッとします。
二度とこのような事がないように、安心して楽しめるパークにして欲しいですね!!

えり |  2012/05/29 (火) No.7841


こんにちは

東京ドームシティやエキスポランド等の
事故みたいに時には命を奪うことがあるジェットコースター
・・・

乗り物に乗ることは私たちの命を預かっているのと
同じことなので、キャストさんたちも警戒心を強めて欲しいですね←機械の故障かキャストさんのミスかわかりませんが・・・

レイジングはみんなから人気のアトラクションなので
これから頑張って欲しいですね(^^♪



 |  2012/05/29 (火) No.7842


No title

今回の事故は非常に驚きました。

お怪我をされた方の、1日も早いご回復をお祈りします。

「安全・安心」は、すべての企業の基本ですよね。テーマパーク事業、自動車業界、住宅業界、食品会社、製薬会社などなど、どんな分野の企業も「安全・安心に対してはいくらやってもやりすぎることはない」というのを土台に、日々製品の検品や、品質管理を徹底しているものです。

今回の事故も、記事によって微妙にニュアンスが異なっているので、ヒューマンエラーなのか、ハード面のエラーなのか分かりませんが、まずは徹底した原因追究と事実の確認を行って欲しいです。
そして、二度と同じことが発生しないような対応を願うばかりです。
私たちゲストが、安心して夢を見られるようなパークが戻って来てくれると信じています。

ペリン |  2012/05/29 (火) No.7845


驚きました。

こんばんは。

驚きました。

起こってはいけない事が一番起きて欲しくない場所で起きてしまい非常に残念です。

原因は調査中との事ですが心配ですね。

人為的なミスなのかメカニカルな障害なのかは発表や各記事でもまだ曖昧の様ですがどちらが原因でも非常にナーバスな問題だけにしっかりと原因を調査の再発防止に全力を注いで欲しいと思います。

懸念してしまうのが万が一メカニカルな部分やシステム的な障害、不具合が原因となった場合同じ様なシステムを持つパークのアトラクション全体に支障が出る様な事態にまで発展してしまわないか非常に心配です。

後の祭りですがどうして事故直前運転時にトラブルが発生した時点で運転を見合わせなかったのか?
この辺の判断の甘さも少々らしくないなと思う訳です。

当たり前の事ですがパークの根底を支える大きな要素だけにしっかりして欲しい。

ショックです。

海風 |  2012/05/29 (火) [ 編集 ] No.7846


No title

こんばんは。

今回の事故、詳しい詳細がわからないので、報道で知る限りでの情報での感想ですが、
そもそも、安全バーが上がっている状態で動いてしまう事に問題があると思います。

仮に人為的ミスで、安全バーが下りていないのを見落としたとしても、安全装置により、
「バーが下がっていないと絶対に動かない機構になっている」事が設備側での当然の対策であり、
それが、安全装置の故障で、動いてしまっていたとしたら、それはそれで大問題ですが、
そもそも、そのような機構が無かったとしたら、正直お粗末だと思います。

ヒューマンエラーは起こるものとして、それを防ぐのが安全装置なので、テーマパークの
アトラクションに限らず、一般企業の機械設備などでは、人の間違いで
事故にならないように、仮に人がミスをしても、設備側で機械的な対策
(安全装置により、不安全、不完全な状態では設備が動かないようにする)
をとるのは当たり前です。
いずれにせよ、今回の場合は人の確認ミス、見落としよりも、本来作動しなければならないハズの
安全装置の不備、もしくは故障で、安全バーが下がってないにも関わらず、
動いてしまった事が、一番の問題のように感じます。

今回の原因をしっかり解明して対策を取って頂き、
私たちゲストが、安心して、非日常なパークを楽しめるように、
安全対策には万全を期して頂きたいと思います。

はるパパ |  2012/05/29 (火) [ 編集 ] No.7850


残念

クロロさん、こんばんは。

非常に残念ですね。実は、この1時間前に乗ってました。
その後、BBBを鑑賞の為移動。
ブロードウェイシアターを出ると豪雨で立ち往生。

その後の事故な為、影響は分かりませんが、もし自分がと考えると怖いですね(^^;;

まっちゃん |  2012/05/30 (水) [ 編集 ] No.7852


★えりさんへ★

やはり安全バーが上がったまま発車するというのは
一歩間違えば死亡事故にも発展しかねない重大な事故だと思いますね。
まだ原因がどのようなところにあるのかははっきりわかりませんが、
このアトラクションだけでなく他のアトラクションにも影響が及びそうな気がします。
パーク側はもう原因は把握しているでしょうが、しっかりと安全対策をしてほしいですね!

クロロ |  2012/05/30 (水) [ 編集 ] No.7855


★名無しさんへ★

私も最初に連想したのはやはり東京ドームシティのコースター事故でしたね。
一歩間違えばあのような重大な事故が起きかねないものだと思います。
原因はわかりませんが、キャストさんのミスであれば、
それは全アトラクションで起こりうる事故になるので、
今度どういった対策がとられるのか注目されますね。

二度とこういった事故がないようにしっかりと安全対策を行って欲しいです!

クロロ |  2012/05/30 (水) [ 編集 ] No.7856


★ペリンさんへ★

今回のレイジングの事故には本当に驚きましたね。

テーマパークのアトラクションに関しては設備やシステムが原因であろうと、
従業員側に原因があろうと事故というのは決して起きてはならないものだと思います。
だからこそ楽しめるアトラクションですし。

発表された事実やニュース記事からははっきり原因はわかりませんが、
しっかりと対応して頂きたいですね。
また、今回の事故に関してはこのアトラクションだけで収まるものではない可能性もあるので、
そのあたりの影響も心配ですね。

クロロ |  2012/05/30 (水) [ 編集 ] No.7859


★海風さんへ★

海風さん、こんにちは♪

私も今回の事故は夜寝る前にオリエンタルランドからの
リリースで知りましたがとても驚きましたね。

まだ原因ははっきりとは分かっていませんが、
キャスト側のミスだった場合は全アトラクションでのマニュアルの見直しが必要になるでしょうし
そもそも安全バーが下がりきらないまま発車できてしまうというシステム部分も改善が必要になると思います。
やはりアトラクションでの安全管理についてもう一度見直すような機会になりそうですね。

事故直前の件に関しては、直前というよりは今回の事故の一連の動きの中で起こったものなので、
そこで見合わせるということはできなかったように思います。
ただ単に空席の安全バーを下げ忘れただけのように見えますしね。

クロロ |  2012/05/30 (水) [ 編集 ] No.7860


★はるパパさんへ★

はるパパさん、こんにちは♪

はるパパさんのおっしゃるとおり、
安全バーを下げないと発車できないという構造にできれば、
人間によるミスもなくなるので一番いいですよね!

そういった技術的な部分はまったくわからないのでどこまでできるかわかりませんが、
安全バーを下げないと発車できないというのはたぶん難しいんじゃないかと思うんですよね。
そもそも、安全バーは降り場でゲストが降りるときに上げて、
その後乗り場までライドは移動するので、
その間の移動だけ安全バーは上げたままにできるシステムが可能なのか疑問がありますし、
安全バーを下げるというのも人の体格によって違うので、
そういったシステムにするのは難しいんだと思います。
また、安全バーを下げたところでロックしなければ意味がないっていうのもありますね。
たぶんこの安全バーを下げないと発車できないというのは
私たちのような一般人でも簡単に考えつくことなので、
出来るんならどの遊園地もやってるだろうことからの推測です(´ー`;)

ただ、安全バーはロックしないと発車できない、というのは出来ると思いますし、
これはやってあると思うんですよね。
それすらやってないとなると、ちょっとずさんだなと私は思います。
そうなるとあとは人の手と目でしっかりと安全バーが下ろされているか確認するしかないです。
やはり今回の事故もそもそもが空席を降ろし忘れたまま発車させてしまったミスもありますし、
そういったキャスト同士の連携ミスも一因になっている気がするので、
レイジングに限らず、他のアトラクションも含めていろいろと改善が必要になるんじゃないかなと思います。

クロロ |  2012/05/30 (水) [ 編集 ] No.7864


★まっちゃんさんへ★

まっちゃんさん、こんにちは♪

ちょうどインされてる日だったので、巻き込まれていないか心配でしたが、
1時間前にレイジング行ってたですね。
夜に待ち時間確認したら夕方からずっと休止だったのでどうしたのかと思ったんですが、
まさかこんな事故とは思いもしませんでした(>_<)

一歩間違えると重大な事故にもつながりかねないものなので、
しっかりと原因の究明と対策をとってもらいたいですね。

クロロ |  2012/05/30 (水) [ 編集 ] No.7866


飛び降りて正解

飛び降りたとき足を軽傷とのことですが、この方の勇気に感謝すべきです。もしこのまま出発していたら取り返しのつかない大事故になっていたかも。TDSが救われた事は間違いないですし、多くのディズニーファンが夢を失わずに済みました。TDRの日頃の安全対策は100%と信じていたのでショックですが、今一度対策を考えて早期の再出発を願っています。

のりら |  2012/05/30 (水) No.7867


★のりらさんへ★

パークのアトラクションには緊急停止装置など二重三重の安全対策が施されているので、
この方がムリに飛び降りたのが正解と言えるかは疑問が残りますが、
その前に緊急停止していますし、恐怖のあまりのとっさの行動であったのは十分理解できます。
それ以前にやはりそのような安全バーを上げたまま動かしてしまったことが原因ですし、
そこをしっかり調査して、対策をしてもらいたいですね。

クロロ |  2012/05/31 (木) [ 編集 ] No.7874


訂正します

この間は偏った意見をコメントしてしまい、申し訳ありませんでした。
自分事ですが、マスコミの報道により失職してしまったことがあったので、マスコミに対していい印象を持っていないのです。

しかし、事故があったことは事実であり、それの責任はパーク側にあるのは間違いないことです。その視点がこの間のコメントには欠けていました。反省し、訂正致します。
本当に申し訳ありませんでした。

こんな自分ですが、今後も宜しくお願い致します。

ニツパパ |  2012/06/04 (月) No.7943


★ニツパパさんへ★

気になさらずに大丈夫ですよ(>_<)
この事に関しては人それぞれの考え方があるので、
あれはあくまで私の考えを返信しただけで、
ニツパパさんを否定する意図ではありませんでした。
こちらこそまたコメントして頂けたら嬉しいです!

クロロ |  2012/06/04 (月) [ 編集 ] No.7959


とりあえず

原因がはっきりした様なので、一安心です。
パークで唯一、逆身長制限(195cm以上不可)があるアトラクションで、その辺が見直されたりしたら、今でさえギリギリの身長の私としては、もう乗れなくなるのかなぁ?と不謹慎ながら密かに心配していたもので…(汗)

とにかくここまで大きな問題になった以上、教育は徹底されるでしょうし、再発はないであろうと確信しています。
あとは身長制限が見直される事がないのを祈りつつ(笑)再開を待ちたいと思います。

れお |  2012/06/04 (月) [ 編集 ] No.7970


★れおさんへ★

私はさすがにそこまで身長高くないので気にしていませんでしたが、
たしかにレイジングはあの安全バーなので逆身長制限ありましたね!
それにギリギリということは相当身長高いんですね(笑)

たしかに今回の事故でその身長制限が変わる心配もありますよね(´ー`;)
いまのところそういった部分は原因とは無関係なようなので変更はなさそうですが、
まだ気は抜けないかもしれませんね。
夏休み前には再開しそうな雰囲気ですね!

クロロ |  2012/06/05 (火) [ 編集 ] No.7978